頭痛を改善して健康になる【身体のメンテナンスセンター】

先生

予防を心がけることで防ぐ

先生

発症要因を理解する

日本人の三分の一は頭痛の悩まされるほど日常を襲う病気の一つであるとともに、現代の生活環境では切っても切り離せない関係にもあります。頭痛は軽度のものから立つこともできないような重症までさまざまですがほとんどの方が経験しているのが軽度の頭痛です。頭痛により命を落とす危険性はありませんが、集中力を失ったりやる気を阻害したり何かと迷惑なものです。防止することが一番なのですが、そのためには頭痛の仕組みを知ることが必要です。軽度の頭痛には二種類あり、脳の血管が広がって痛む偏頭痛と頭の周囲の筋肉が緊張して痛む緊張型頭痛があります。偏頭痛は脳の結果が拡張し周囲の三叉神経を刺激し発生する炎症物質がさらに血管を拡張して発症します。心身のストレスが解放されたときにおこりやすく、仕事のない週末や休日に悩まされることが多くなっています。疲労で起こるものが一般的で働きすぎの現代人にとっては常に付きまといます。一方緊張型は側頭にある筋肉や首や肩の筋肉が緊張することで起こるものです。筋肉の緊張で血流が悪くなり、筋肉内の老廃物が流れなくなることで神経が刺激されて生じます。これも精神的や身体的なストレスが要因となることが多く、パソコン仕事を長時間行う現代人にとって付きまといます。

普段から予防に努めること

どの頭痛も症状が軽ければ、ズキズキ痛む程度ですが、重度になると吐き気やだるさが付きまとい立っていられなくなるほどになります。ここまで発展すると一度病院で検査を受けることをおすすめします。一回の程度は軽いのですが、繰り返し慢性的になればなるほど回復までに時間がかかる厄介な病気です。起こる要因は生活習慣に紐づいていることが多いため日常生活を見直すことで改善予防に努めることが可能です。まずは環境のチェックです。睡眠不測の日や人込みにいる日、残業が続いたときなどある程度発症する環境は絞られます。該当する行動を避ければ発症を防止することができます。また生活環境を大きく変えないことも大事です。規則正しい生活を週末も継続して行ったり、転勤などで暮らしの環境が変わったときには好奇心を持ちがちですが、リラックスして生活環境になれることも大事です。さらに食品にも注意すると万全です。発症しやすい食品と追われているワインや、乳製品などを積極的に摂取しないように気を付けることで普段から発症を防止することにつながります。もし発症した場合無理をせず休むのがベストです。頭痛が生じているときにさらに刺激を与えると悪化します。