頭痛を改善して健康になる【身体のメンテナンスセンター】

先生

多くの人の悩み

悩み

それぞれの特徴

日本人の3〜4人が頭痛に悩まされていると言われています。そして、そのほとんどは、命に別条はない慢性頭痛であると言われています。さらに、慢性頭痛の中で最も頻度の高いものが緊張型頭痛と呼ばれるものであり、デスクワークやストレスなどが引き金となっていることが多いようです。緊張型頭痛の次に多いのが、片頭痛と呼ばれるものです。これは、ズキンズキンとした拍動性の痛みがあるという特徴があり、長いと数日間痛みが継続することもあります。そして、群発性頭痛は発生頻度はそれほど多くはありませんが、我慢することが出来ないほど強い痛みを感じるという特徴があります。9割程度は命に別条はないわけですが、残りの1割は命の危険がある可能性のある頭痛であるとも言えます。もし、突然ハンマーで殴られたような、今まで経験したことのないような強い痛みに加えて、吐き気や嘔吐などの症状が見られた場合には、くも膜下出血である可能性がありますし、頭の痛みだけではなく、手足の麻痺や目眩、嘔吐などがある場合には脳出血、手足の痺れや視力障害、徐々に痛みを増す頭痛などがある場合には、脳腫瘍が原因で頭痛が起きている可能性もありますので、注意が必要です。

痛みを軽減させる方法

命に別条はない慢性頭痛であると診断された場合には、その頭痛のタイプによる原因と取り除くことにより、発症する可能性を軽減させることが出来ます。まず、最も発症する人が多いと言われている緊張型頭痛は、精神的なストレスが疲労が原因となっていることが多いため、首や肩の緊張をほぐすストレッチやストレス解消を心掛ける事が大切です。ゆっくりと体を温めることが出来る半身浴などをすることにより、全身の血行を良くすることが出来ます。そして、片頭痛の場合は明確な原因は分かっていませんが、ストレスやホルモンが影響していると考えられています。吐き気を伴うほどの強い痛みがあるという場合には、我慢すること無く鎮痛薬を使用するようにしましょう。また、コーヒーや緑茶を飲むことにより、痛みを緩和させる効果を期待することが出来ます。さらに、大豆製品に多く含まれているマグネシウムやレバーに多く含まれているビタミンB2にも多少の予防効果を期待することが出来ます。群発性頭痛に関しては、目の後ろの血管が関係しているとされていますが、原因はほとんど分かっていません。飲酒や喫煙、長風呂などが影響を及ぼしているとも言われていますが、痛みのコントロールが難しいため、病院を受診するようにしましょう。