頭痛を改善して健康になる【身体のメンテナンスセンター】

病院

その痛みは命に関わるかも

病院

心配なくても検査は必要

多くの人が必ず体験すると言ってもいい頭痛ですが、その中には命の危険を伴うものもあるので、楽観的に捉えすぎてもいけません。では、どうやって頭痛の違いを見分ければいいのでしょうか。慢性的に、また不定期に起こるあまり「心配のない頭痛」といえば、片頭痛(偏頭痛)や緊張型頭痛などが挙げられます。頭痛の中で最も多く見られるのが緊張型頭痛で、その名の通り心身の緊張に関係しています。仕事上、どうしても同じ姿勢を長時間続けるデスクワークの人や、タクシーやバスなどのドライバーといった職業の人に見られます。首や肩のこりを伴うことも多く、頭を締め付けられるような痛みが長く続きます。片頭痛は、頭の片側にズキンズキンと脈打つような痛みが起こります。痛みが激しく、中には吐き気を伴ったり、視界に異状が起きるという人もいます。これらの頭痛の場合は、頭痛薬や睡眠、休養などで治まることが多く、ストレスを溜めないことも大切です。偏頭痛や緊張型頭痛の場合、ストレスが起因となっていることがあるのです。ストレスが起因となっている頭痛の場合は、心療内科等で治療を受けたほうがよいでしょう。心療内科では、カウンセリング治療を受けることが出来ます。また寒暖の差や気圧によって痛みが生じるケースもあるので、季節の変わり目や梅雨の時期などには注意が必要です。慢性的に頭痛が発生する人は、その痛みに慣れてしまいがちですが、必ず定期的に脳の検査を受け、大きな異状がないかどうかを確認するようにしましょう。

こんな痛みに要注意

命の危険を伴う頭痛は、くも膜下出血や脳腫瘍などいった脳の重篤な病気が原因で起こります。CTやMRIなどの画像検査であれば発見できるのですが、まずは頭の痛み方で自分自身が異状と感じなければ早めの検査に至りません。早期発見、早期治療を行なうことで、その後の病状や回復にも違いが表れます。「いつもと違う痛み」もしくは「初めて味わう激痛」「嘔吐、吐き気」「痺れや麻痺」「明らかに痛みが酷くなっている」「ろれつが回らない」「熱が高い」などの症状を伴う場合は、早急に医療機関を受診しましょう。また持病のある人も、かかりつけ医に早めに相談することが必要です。冬の寒い時期になると感染症が流行する為、その初期症状と間違いやすくなることが多くなります。また寒さで血管が収縮することから、頭痛が起こりやすい季節でもあります。夜中のトイレや入浴時の温度差など、高齢者の方は特に注意して、手遅れにならないよう慎重に行動することも大切です。40歳を超えたら、自覚症状がなくても一度は脳の検査をしてみましょう。脳の病気は一刻を争うものが多いので、事前に発見できることに越したことはありません。また周りにいる人も「頭痛だから」と軽く見てしまうのではなく、顔色や症状に注意し、医療機関を受診するように勧めることが大切です。

軽視しない事が大切

悩み

日本人の多くが悩まされている頭痛は、これまでは軽視されていました。しかし、最近では各地で頭痛外来が開設されるなど、頭痛に悩む人をサポートする体制が整いつつあります。痛みを感じた場合には、無理をせず、医療機関を受診するようにしましょう。

Read More...

多くの人の悩み

悩み

頭痛と一口に言っても、その原因は様々です。場合によっては、生命の危険がある場合もありますので、これまで感じたことのないような痛みを感じたという場合には、早めに医療機関を受診するということが大切になります。

Read More...

予防を心がけることで防ぐ

先生

頭痛は現代人のもっともポピュラーな病気の一つですが、発症する要因はある程度限られています。要因の理解と予防の履行で悩ましい頭痛の発生頻度を抑えることが可能です。規則正しい生活を心がけるのが何よりの予防です。

Read More...

気をつけなければいけない

先生

頭痛は、体の緊張によるものと病気によって起きているものがあります。病気の場合は、頭痛以外の症状が出ていることが多いので、一刻も早く病院に行くことです。体の緊張やストレスによっても、頭痛という症状はでてきますので薬に頼りすぎないことも忘れてはいけません。

Read More...